↑ページトップ

地震に強い住宅を作ることは、建築家の使命であるとアバン設計は考えます。

HOME » BOSHIN(お客様へ)

アバン設計の制震装置(特許取得済)BOSHIN

img_01

「より安く」「より安全に」がボウシンです

BOSHIN(ボウシン)は「構造体に負担をかけず粘り強く揺れに抵抗し、形状を復元する」というとても欲張りなコンセプトで開発された制震補強金具です。すでに市場に出回っている製品は固めるか減衰するかのいずれかの金物で、残念なことに「復元」するという機能はありません。何より、従来の構造・工法にプラスするだけですので、コストもとってもリーズナブルです。コストパフォーマンスNO.1の制震補強、それが『BOSHIN』です。

もちろんアバン設計と建てる家には、全て標準でこのBOSHINが備わっています


制振装置「BOSHIN」のメリットは?

固めることにより壊れたものはもとに戻りませんが、アールの異なった3枚のバネは非常に壊れにくく、特に、速い速度を持つ力に対しては、より大きく抵抗しながら衝撃吸収能力を発揮します。柱に設置した左右、上下の3枚バネが互い違いに動くことで、倒れようとする力は元に戻ろうとする「復元力」となり、揺れを小さくする効果があるのです。

耐震も制震でも、地震により1度歪んでしまった建物は元には戻りません。そのため、地震がおさまった後も、自らの重さにより建物の変形はますます大きくなり、繰り返し起こる大きな余震では、自重により建物の変形が拡大し倒壊する可能性もあります。

しかし、「BOSHIN (ボウシン)」は、制震の優れた地震エネルギー吸収力と、揺れても元に戻るという「復元機能」を併せ持った制震装置です。

建物の損傷を大幅に軽減し、被災時の修復費用が少なく、再生活がスムーズにスタートできます。

五重塔は「復元力」のある制震構造だった!?

五重塔

五重塔全体の木材は一本、一本が短く、木材同士は切り組の単純な接合なので、各層は互いにしっかりとは繋がっておらず積み上げただけの状態です。地震に襲われると、そのエネルギーは接合部で吸収され、上層へ伝わるにつれて弱くなります。また、心柱が独立している点。他の構造物と心柱が固定されておらず、一般には塔自体が右に傾こうとすれば、心柱は左に傾いて自立を保とうとする効果が有り、倒れようとする力は元に戻ろうとする「復元力」によって、振動を小さくする効果があるのです。

その効果がBOSHIN(ボウシン)にもあります。
BOSHIN(ボウシン)の形状記憶作用から、倒れようとする力は元に戻ろうとする「復元力」となり、建物全体の揺れを低減させるのです。

img_03

皆様に安心と安全を

  • 新築、リフォームを問わずに設置が可能です。
  • リーズナブルな予算で設置が可能です。
  • 施工時間も大幅に短縮。
  • メンテナンス不要で安心。
  • 3枚のバネが揺れを吸収し、損傷や家具の転倒を軽減します。
  • バネの形状記憶により、歪んだ建物を元に戻す「復元機能」が、繰り返しの余震に効果を発揮します。
  • 日常生活が早期に復旧します。
  • 住宅の資産価値をたもちます。

毎日の安心、万一の安全を多くの方に実感して頂きたい。そして、地震に対して自信のあるマイホームを手に入れて頂きたい。

ボウシンは、地震からあなたの大切な家族、財産を守ります。

「耐震」+「制震」で、ワンランク上の安心を

Copy ©株式会社アバン設計 一級建築士事務所 All rights reserved.