↑ページトップ

地震に強い住まいづくり アバン設計

アバンからのお知らせです
HOME » お知らせ »  ☆制震設計事務所のつぶやき – ①地震に強い家とは

☆制震設計事務所のつぶやき – ①地震に強い家とは 2014年01月18日

maintitle

 

重い瓦屋根と比べて、軽い鋼板屋根は耐震対策で有利です。

家は軽いほど、構造躯体が受ける地震力は小さくなります。

 

そもそも、地震とはエネルギーです。

エネルギーは、力   ×   距離  で表すことが出来ます。

そして、力とは建物が受ける地震力のことであり、

その力を分解すると、質量  ×  加速度  になります。

質量とは、建物の総重量であり、加速度は、地震による揺れの加速度。

すなわち、応答加速度です。

建物の総重量  ×  応答加速度

建物の総重量が軽ければ受ける地震力が小さくなり、

重ければ受ける地震力が大きくなります。

それらから、近年では総重量の軽い住宅が多く建てられています。

 

一般的に地震の揺れを軽減するためには、屋根の重量を軽くし建物の重心を低くすることが

有効とされています。

だから昔の建物は、平屋が多かったのです。

しかし、現在と違って重い瓦屋根が主流でした。

そのため、構造をより頑丈にしなければならず、その分コストもかかりました。

大きな地震に遭遇すると、瓦が落ちて修復費用もかかりました。

近年のビス止め施工を行っている住宅ならば、昔の建物のように瓦が地震で落ちてしまう

という被害は少ないそうです。

 

本当にそうでしょうか?

 

ある面当っていますが、ビス止め施工は軽い屋根でなければなりません。

重い屋根だと構造躯体に重大な損傷を与えかねません。

そのため、昔の建物は瓦を地震で落としたのです。

 

いわば、『トカゲのシッポ切り』です。

瓦というシッポを切り捨て、大事な本体(構造躯体)を守ったのです。

 

地震による揺れから身を守るために一瞬で瓦を落とし、建物の総重量(質量)を

小さくしたのです。

 

先人の知恵とはすごいものですね。

 

 

 

Copy ©株式会社アバン設計 一級建築士事務所 All rights reserved.